26年間続いている歯科スタディーグループ
最新の歯科情報をお届けします

歯科スタディグループ・歯科情報なら
wclick(ダブルクリック)

「歯科技工とコンピュータ」勉強会として1995年2月18日に参集したのが始まりで、コンピュータを通じて歯科医療の進展に寄与し会員相互の親睦や互助、啓発をはかることを目的としたスタディグループです。

 定例会(第1土曜日)の他、特別講演会や分科会、メーリングリストによる情報交換も行っています。

 本会員の紹介による定例会へのオブザーバー参加や特別講演会への参加にはお気軽にご参加下さい。

次回定例会のお知らせ

2022年5月 Wクリック例会

5月7日(土) 13時よりZOOM
 
[会員発表]
 
片山貴博 星デンタルラボラトリー
演題 『3Dプリンター活用のその後』
抄録 昨年度の発表にて『デジタルにおける取り組みと可能性』という演題で発表させて頂きました。
発表時は3Dプリンターへの取り組みに関しては駆け出しで課題も多く、今後こんなことをしていきたいという内容となりました。
それから現在に至るまでの約1年間は、メーカーのセミナーを受講したり、既に実用化している方にアドバイスを頂きながら取り組んでまいりました。
現在も全てを臨床に活かせている訳ではありませんが、時間、精度、コストなどを考慮しながら自社の強みをうまく活かせるような3Dプリンターの取り組みについて発表したいと思います。
 
 
白石大典 (有)湘南セラミック
演題 「バーチャル咬合器とPatient Specific Motionの活用」
抄録 日常臨床において咬合器を活用する場面は多いと思います。
口腔内スキャナーからのデータを基に技工を行う場合もバーチャル咬合器を使用します。
3shapeのCADソフトを使用して技工作業を行う場合、バーチャル咬合器モードか、
Patient Specific Motionを選択しデザインを開始します。Patient Specific Motionを選択した場合、患者の顎の動きがバーチャル上で再現されます。このデータを活用して技工作業を行います。
今回はこのPatient Specific Motionについて皆さんとお話しできればと思います。
 
 
杉山雅和 (有)アートセラミック
演題 弊社におけるデジタル活用のメリットとデメリット
抄録 デジタル技術の進歩により歯科技工業界もデジタル化による補綴物製作が主流になっており、いずれかのCAD/CAMシステムを保有するのが必要不可欠となっている。
弊社のような小規模ラボがどこまでを揃えていくべきかはいまだ試行錯誤ではあるが、
デジタル化により働き方改革や顧客の先生方とシステム構築できるようになったのも事実である。そこで今回の発表は、弊社におけるデジタル活用のメリットとデメリットを発表したいと思います。
 
 
千葉慎太郎 ウィング千葉・デンタルラボラトリー
演題 デジタル以外を頑張る理由
抄録 技工のデジタル化においてCAD/CAMの登場は、私の仕事に大きなな変化をもたらした。今までのデジタルとの関りは、可能な限り自身で購入し使用してきたが今回は見送る(外注)ことにした。
では、どこまで外注に頼るのか、自身は何をすれば他社との差別化を可能とし、この変化の波に呑まれずに技工業を続けて行けるのかを考え実行してきた。今回は、今までの試みと現在を報告したい。
 

平野周太朗 ケン・デンタリックス㈱ 
演題 「社内用技工マニュアル作りと目的」
抄録 自費を専門とする職場でスタッフに技術指導する立場になり、「教える」事も「教わる」事も日々の業務の中で時間を取られ、また人が変わると同じ事を再度教える必要が出てきたりと残業時間削減が求められる状況の中で無駄な時間を使っている事に問題を感じていました。また、歯科技工作業のデジタル化やマテリアルの進歩により手作業でカバーする工程が減った反面、技工歴の比較的浅いスタッフにも最終工程に近い工程を担当してもらう事が増えた事でより指導方法の難しさを感じています。
そこで「教える側」、「教わる側」お互い時間をなるべくかけずに指導出来る様に「誰にでも簡単に出来る」やり方を社内用マニュアルとして自分なりの作業工程をまとめてみようと思い、今回はモノリシックジルコニア前歯のステイン法の社内用技工マニュアルを「誰でも簡単に」をテーマに作っててみましたので紹介させて頂きます。
 


タイムスケジュール 
12:00〜12:50(50分)役員会
10分休憩
13:00~13:30 (30分) 会員会議
10分間休憩
13:40~14:10 (30分) 片山貴博会員
14:10~14:40 (30分) 白石大典会員
10分間休憩
14:50~15:20 (30分) 杉山雅和会員
15:20~15:50 (30分) 千葉慎太郎会員
10分間休憩
16:00~16:30 (30分) 平野周太朗会員
16:30~16:55 (25分) 予備時間
17:00~懇親会
 
 

アクセスマップ 会場 Zoomウェビナー

開催場所/ 各自PC及びスマホの前

*****************************************************

*ZOOM例会 オブザーバーの参加は可能です。
 オブザーバーは名前をMLにアップして頂いた時点で申し込みと致します。
                ●参加費用 ¥1,000円
         口座へお振込みいただいた後にZoomのIDとPWを発行いたします。
 
【振込先口座】
三菱UFJ銀行
池袋支店(店番359)
普通口座 8222066
Wクリック 会計係 鎌形 優介
(ダブルクリック カイケイガカリ カマガタ ユウスケ)
*振込手数料は参加者様のご負担でお願い致します。
 

*OFFライン例会の参加の場合

◎ 参加ご希望の方は、「Wクリック入会案内」項の参加申込フォームからも、お申し込み頂けます。

◎ 会員以外の方は、役員会・会議には出席頂けませんので、会員発表(または特別講演)の開始時間に

  合わせてお越し下さい。    ●参加費用 一般 ¥3,000円 学生 ¥1,000円

 

前回の定例会

2022年4月2日
ZOOM 

タイムスケジュール 

12:00〜12:50(50分)役員会

10分休憩

13:00~13:30 (30分) 会員会議

10分間休憩

13:40~14:10 (30分) 今田裕也 会員

14:10~14:40 (30分) 須藤賢司 会員

10分間休憩

14:50~15:20 (30分) 角田克彦 会員

15:20~15:50 (30分) 難羽康博 会員

10分間休憩

16:00~16:30 (30分) 遊亀裕一 会員

16:30~16:55 (25分) 予備時間

17:00~懇親会

  【2022年度日程予定】

1月12日 (役員会)ZOOM

2月5日 (総会・特別講演会 新定款について) ZOOM

 ・浅川 勝    ・杉山雅和    ・永井麻衣子 

 ・今田裕也   ・澤畠孝重  ・佐々木克典 

 

3月5日 (会員発表1)ZOOM  発表4人

・石澤 亮一、『IOSがラボに与えるインパクトについて考える』

・中島 清史、『I O Sを使用したインプラント・抜歯即時埋入ケース』

・栁内 大樹、IOSでの症例 メッシュミキサーを用いて試行錯誤

・吉澤 和之、「デジタルによって変わりつつある技工技術・方法」 

  

4月2日 (会員発表2)ZOOM  発表5人 

・今田 裕也、「デジタルデータが変えたこれまでの技工の注意点と違い」

・TMSデンタル須藤 賢司、『日本デンタルショー2021出展商品のご紹介』

・ストローマンジャパン角田 克彦、2022年新製品のご紹介

・難羽 康博、~ワセトレのインストラクター時代にわかったこと~

・遊亀 裕一、『補綴物のメインテナンスを考える』

 

 
5月7日 (会員発表3)ZOOM  発表5人
 
片山 貴博、『3Dプリンター活用のその後』
 
・白石 大典、「バーチャル咬合器とPatient Specific Motionの活用」
 
・杉山 雅一、「弊社におけるデジタル活用のメリットとデメリット」
 
・千葉 慎太郎、
 
・平野 周太郎、「歯科技工のデジタル化で変わったエラーの対処」
 

6月4日 (会員発表4)ZOOM  発表5人

・木村 義明、「CADCAM用パソコンを長く使うには!」

・崎田 竜仁、「 IT化についていけない人たちとの接し方について 」

・医歯薬出版高橋 夏生、歯科技工士向け書籍のご紹介

・FEA田中 良範、『KZR-CADプロビPC及びNu:leコートの紹介』

・山崎 容道、『今まで知らんぷりしてきた労働基準法』

 

7月2日 (会員発表5)ZOOM、発表5人

・ペントロンジャパン青木 典男、「コンピュータゲーム&アニメーションの製作プロセス」

・橘田修、「YouTube 動画配信をしてみてわかったこと」

・澤畠 孝重、「ネット詐欺被害について」

・松浦 賢治   『技工物の付加価値について』

・宮澤 宗男、「歯科技工のデジタル化と衛生管理について」

 

9月3日 (会員発表6)発表5人 

・青山 誠、「分業について考える」(仮)

・加賀 良隆、「TRIOSを実際に扱ってみて」

・トクヤマデンタル佐々木 克典、「社内システム刷新、働き方の変化について」

・永井 麻衣子、「DXから考えるデジタル活用と若手技工士の育成」

 
・山口 芳正、”コンピュータの動作原理”
 

10月1日 (特別講演会予定)

 

11月5日 (会員発表7)発表4人 

・浅川 勝、「ルールについて」

・松風安孫子 貴祐、「 新製品のご案内(仮)」

・高辻 威志、ジルコニアインレの適合

・長谷川 篤史、「デジタルか?アナログか?」

  

12月3日 (会員発表8)発表4人 

・コスモサイン加藤 由可子、オールセラミック用新ステイン/グレーズ材の紹介

・鎌形 優介、「デッサンに立ち返る」

・長岡 理恵、「実際に口腔内スキャナーを使用して…」

・モリタ岡野 浩之、「各マテリアルにおける補綴物内面処理について」

 

 

NEWS 新着情報

2020/1/15
ホームページをリニユーアルしました


2020/1/15
スマフォ対応のページ更新しました

最新の歯科情報

各会員が様々な講習会に参加した情報や、海外へ実際に行き、そこから持ち帰った情報をまとめて例会発表で会員にお伝えしています。

基本的には、グループメンバーがプレゼンテーションの発表をします。会員は、歯科技工業界でも様々な分で活躍しているトップの方々がメンバーとなっています。

最新でありながら説得力を持った話しができます。年に2回は特別講演会を行い、歯科界から広く講演会出席の募集をしています。

25年の歴史のある会

25年間続いているスタディーグループなので歴史があり、実際に経験してきた事を会員に伝えることが可能なため、目からウロコ的なお話が聞けてすぐに現場に反映することができます。

勉強が嫌いでも向上心のある方ならたくさんおもしろいお話が聞けると思います。仕事が忙しくて経営の勉強をする暇がないという方にも知りたい事がその場で聞けるのでたくさんのメリットがあります。

同業者とのネットワーク

年10回、毎月第一土曜日に集まっています。

会員さま同士で情報を集めたり、歯科の未来を伝えたり等、活動は多岐にわたります。

1月と8月は休会ですが、勉強会のあとは、毎回、懇親会を行い、会員の親睦を深めています。

MESSAGE ごあいさつ

歯科スタディグループ・歯科情報ならwclick(ダブルクリック)へどうぞ。

「歯科技工とコンピュータ」を通じて歯科医療の進展に寄与し会員相互の親睦や互助、啓発をはかることを目的としたスタディグループです。

定例会やメーリングリストによる情報交換も行っています。お気軽にご相談ください。

詳細はこちらへ

SERVICE サービスのご案内 

入会規約

入会規約について、ご紹介します。

詳しくは、下記フォームよりご確認ください。

新着情報

2020 / 1 / 15
ホームページをリニューアルしました
2021/ 5/8
活動内容頁にWクリック25周年記念連載の画像を掲載しています。
『賛助会員』募集中!

お問合せはこちら

お問合せはこちら

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

賛助会員バナー